馬喰町 焼肉店には、サイドメニューやデザートが充実した店があります。

馬喰町 焼肉店で宴会を開催

馬喰町 焼肉店で宴会を開催


年末になると、忘年会や新年会などで盛大に宴会が開催されます。馬喰町 焼肉店でも、宴会用のメニューを多数用意しています。宴会用のメニューは肉と野菜、アルコールを含む飲み物などがセットになっています。馬喰町 焼肉店で宴会用のメニューを頼むだけで、バランス良くいろんなものを食べることができるでしょう。

会社や取引先との宴会では、肉を焼く係が決まっています。社長や部長などの偉い人が肉を焼くことは、ほとんどありません。肉の焼き加減などは、人により好みが変わってきますから、社内の人の好みが把握できていない新人などには任せることのできない役目です。肉を焼く係は、肉の部位と焼き方を把握しておく必要があります。適当に焼けばいいというわけではないようです。

馬喰町 焼肉店の宴会用のメニューは、大皿の上に赤身の肉とホルモンなどがまざって置いてあります。部位によって焼く順番が決まっています。さらに、タレと塩とで分けて焼かなければなりません。最初に塩から焼かないと網が汚れてしまいますから、タレが好きな人からタレを焼くようにリクエストされたとしても、塩から焼く必要があります。「塩、焼けました」と声をかけると、塩の好きな人が手を上げるでしょう。宴会で食べる人は気楽なものですが、肉を焼く係になった人はそうとう頭を使います。

塩とタレ以外に、肉そのものにも焼く順番があります。脂身の少ない牛タンやヒレなどは、先に焼いたほうが良さそうです。脂身の多いホルモンを焼くと網が汚れますから、後からにしましょう。網の汚れを気にしながら焼いていくのが、上手な肉の焼き方です。なお、網に肉を多く乗せすぎるとこげますから、食べる分量を考えて焼くようにしましょう。肉を焼く合間に、野菜などを焼くスペースを作りましょう。野菜は、ニンジンやナスのような水分の少ないものから焼いていきます。

肉と野菜を焼くトングは使い分けましょう。また、塩用のトングとタレ用のトングも、分けて使ったほうが良いでしょう。肉をひっくり返すタイミングですが、何度もひっくり返さずに肉を半分ほどめくってみて、焼き加減を見ながらひっくり返すようにしましょう。何度もひっくり返すと、網の下に美味しい肉汁が落ちてしまいます。馬喰町 焼肉店では、店内が煙たくならないように無煙ロースターが使われているところがあります。煙を吸い取ると同時に、肉が乾燥してしまうことがありますから気をつけたほうが良いでしょう。

馬喰町 焼肉店には、サイドメニューやデザートが充実した店があります。男性社員には、「肉だけ食べられれば満足」という人がいますが、女性社員はそうではありません。プリンやアイスクリームなどのデザートは、女性社員にとても人気があります。また、「焼肉を食べた後の口臭が気になる」と言う人もいるようです。そういう人にとっては、肉を食べた後のサイドメニューやデザートが口直しになる場合があるでしょう。このような理由からも、サイドメニューやデザートが充実している馬喰町 焼肉店を選びましょう。

宴会では、肉を焼く以外にお酒を注いで回らなければなりません。社内には、ビール党がいれば日本酒党もいますから、アルコールの好みを調べておきましょう。水割りの割合なども、そのときのお酒を飲むピッチにより違ってきます。アルコールの度数の高いお酒を飲みすぎて、酔っ払ってしまった社員を介抱するのはたいへんですから、飲みすぎない程度に水割りの量を加減したほうがいいかもしれません。店内はエアコンがきいていると思いますが、目の前で肉を焼くためノドが渇きます。そのため飲みすぎる傾向があるようです。馬喰町 焼肉店では、料理に「飲み放題サービス」などが付いていることから、つい飲みすぎてしまうようです。酔い冷ましのウーロン茶などを用意しておくと良いでしょう。


新着情報news

2018年06月20日
ホームページを更新しました。